HOME > 慰謝料の種類・類型 > 医療過誤に関する慰謝料・損害賠償の請求について

医療過誤(医療事故)に関する慰謝料・損害賠償の請求について

医療過誤とは、厚生労働省では、次のように定義されております。

「医療事故の一種であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」

つまり、医師や看護師などの医療関係者が、治療などをおこなうにおいて、当然必要とされる注意を怠ったために、患者に損害を与えてしまうことをいいます。

広い意味においては、手術のミスや薬剤の誤投与、衛生管理の不徹底による感染、などが該当します。


本来、医療行為というものは、性質上、どんなに最大限の尽力を行ったとしても、成功しない場合があります。
そのため、医療過誤の問題においては、「医療行為が原因で被害が生じた」ということのみでは、賠償責任を負うことにはなりません。

一般的な医療水準や学術的常識に照らし合わせて、
「当然にやるべきことを怠った」
「してはいけないことをしてしまった」
という程度の過失が無いと、なかなか損害賠償責任を認めてもらうことは難しいのです。

もちろん、一見して過失が明らかで、医療機関もそれを認めているというようなケースであれば、
多くの場合、争うことなく示談に応じてもらえることもあります。

もっとも、そうで無い場合、仮に裁判で争うとなれば、
医療という高度に専門的な分野においては、
裁判所も、最終的には、医師や医学博士による意見書や証言などを尊重しますので、
専門の医師の協力を得られるということが、とても重要になります。

しかしながら、現実問題として、法廷において、
同業である医師の法的責任に関わるような意見を述べることについて、
協力をしてくれるような医師を見つけることは、極めて難しい問題でもあります。

実際のところ、最高裁の統計資料においても、一般の民事訴訟の勝訴率は8割であるところ、医療過誤の民事訴訟は勝訴率が2割程度と、極めて厳しい結果となっております。

ましてや、下手に損害賠償の内容証明を送るなどしてしまうと、警戒されてカルテの改ざんや抹消などをされて、証拠の保全が困難になることも予想されます。

そのため、弊事務所では、医療過誤問題については、医療機関が過失を認めて賠償すると話している、というような事案でない限りは、原則として、取り扱いをしておりません。
希望に応じて、専門の弁護士を紹介させていただいております。

以上、よろしくお願い申し上げます。


慰謝料請求jp サイト内メニュー

慰謝料の種類・類型 不倫・婚約破棄・セクハラ・傷害など、慰謝料の主たる種類・類型に関しての詳細説明・個別解説。
慰謝料の基礎知識 慰謝料とは何か、慰謝料の相場・算定方法、判例、請求方法、等の基礎知識。
雛形・文例 慰謝料請求に関して必要となる一般的な文書(内容証明・示談書・告訴状)などの雛形サンプル。
事務所概要 当事務所の概要、アクセス方法、および、代表者ご挨拶