HOME > サービスメニュー > 督促状の発送事務代行


督促状の発送代行について

分割払いによる示談(和解)による支払の遅延・不履行が生じた場合、ご希望があれば、督促書面の発送事務代行を行っております。

かかる費用は、以下のいずれか、希望の方法をお選び頂けます。

  • (A)普通郵便 1,162円
  • (B)特定記録 3,482円
  • (C)簡易書留 3,632円

いずれも郵便代実費を含む総額です。

督促状の発送をご依頼頂く場合には、以下の情報をお知らせ下さい。

ご依頼人の住所・氏名
お受取人の住所・氏名
示談締結日
示談契約に基づく残元金
不履行となっている金額と本来の支払予定日

上記の必要項目と入金が確認出来てからの発送手配となります。
発送手配する日は、原則として、依頼頂いた日の翌営業日となります。


郵送方法については、自宅・勤務先の他、郵便局留めや本人限定受取郵便での発送、および速達や配達日指定のオプションなども利用可能です。

  • 速達     280円
  • 配達日指定  210円
  • 本人限定受取 100円
  • 郵便局留    0円


もしも万が一、相手方が転居などにより消息不明・失踪となった場合には、職権で住民票や戸籍附票などを取得し、転出先の調査をすることが出来ます。

職務上請求(住民票・戸籍附票などの取得)の事務手数料 16,200円(消費税・実費込)


※説明資料 示談後の督促状発送代行業務について

※督促状(1)期日遅延−遅延損害金有り
※督促状(2)期日遅延−遅延損害金無し
※督促状(3)2回以上−猶予なし
※督促状(4)2回以上−再和解打診有り


慰謝料請求jp サイト内メニュー

慰謝料の種類・類型 不倫・婚約破棄・セクハラ・傷害など、慰謝料の主たる種類・類型に関しての詳細説明・個別解説。
慰謝料の基礎知識 慰謝料とは何か、慰謝料の相場・算定方法、判例、請求方法、等の基礎知識。
雛形・文例 慰謝料請求に関して必要となる一般的な文書(内容証明・示談書・告訴状)などの雛形サンプル。
事務所概要 当事務所の概要、アクセス方法、および、代表者ご挨拶